個人輸入をつかった禁煙治療の利点

一般的に、禁煙にはお金がかかると認識されている方は少ないようです。
実際、ちょっと我慢すればタバコはやめられるはずだ、という認識を持っている方は、多くいらっしゃいます。
しかし、現実には、とても多くの方が、禁煙に多額のお金をかけています。
誰でも無料で簡単に禁煙できるのならば、禁煙外来は存在していません。
また、チャンピックスのような禁煙補助薬も、開発されていないことでしょう。
チャンピックスは、禁煙外来を設けているクリニックで、頻繁に処方されていますし、くすりエクスプレスのような個人輸入代行業者でも、売れ筋商品となっています。
それだけ禁煙に苦しんでいる方は多く、禁煙にお金をかける方が多いのです。

kinen168

禁煙外来について

禁煙外来では、一定の基準を満たしている方に対し、健康保険を適応した禁煙治療を行っています。
健康保険で禁煙治療を受けるには、テストを受けてニコチン依存症であると診断される必要があります。
逆にいえば、ニコチン依存症と診断されなければ、健康保険の適用を受けることはできません。
健康保険が適用されれば、禁煙治療はおおよそ2万円程度で済みます。
しかし、ニコチン依存症と診断されず、自由診療となれば、治療代は6万円以上になってしまいます。
このように、医療機関での禁煙は、多額のお金が必要になるのです。
では、先述のくすりエクスプレスで禁煙補助薬を購入して、禁煙を目指す場合はどうでしょうか。

くすりエクスプレスでは、禁煙外来で処方されるのとまったく同じ分量のチャンピックスを、39,800円で購入することができます。
この方法ならば、自由診療で禁煙外来に通うよりも、かなり安く禁煙を目指せます。
また、禁煙補助薬は、必ず12週間続ける必要はありません。

人によっては、もっと少ない期間で禁煙を達成できる可能性もあるのです。
くすりエクスプレスでチャンピックスを購入する禁煙法なら、自分で禁煙に要する期間や費用を決めることができます。
たとえば、チャンピックス禁煙セットとして販売されている、合計53錠の禁煙補助薬がセットになった商品を購入して使用するだけで、タバコを吸いたい衝動を感じなくなったら、それ以上薬を購入する必要はありません。
ちなみに、このセットは16,500円で販売されています。
くすりエクスプレスでは、商品の送料や、個人輸入を代行する手数料はすべて無料となっています。

また、くすりエクスプレスの商品には、消費税がかかりません。
ですので、16,500円は正味価格です。
もし、16,500円で禁煙を成功できれば、保険を適用した禁煙外来よりも安い費用で禁煙できたことになります。
禁煙は無料でできるのが当たり前と考えている方は、16,500円でも高額だと感じるかもしれませんが、より多くの金額を禁煙にかけている方がおられることを考慮すれば、16,500円という価格はとてもリーズナブルです。
くすりエクスプレスを利用すれば、こうした格安な禁煙治療が可能となるのです。

Comments are closed.