チャンピックスで、禁煙にトライ中

私の愛煙家暦は、もう10年以上になります。
やめたいと思うこともありますが、ストレスの溜まる毎日の中で、たばこは私にとって、まさに一服の清涼剤なのです。
しかし、だんだん歳を取ってくるにつれ、たばこの弊害を実感するようになってきました。
たばこを吸わない同い年の友人たちに比べて、シミが多い気がしますし、歯のヤニは専用の歯磨きで磨いても取れません。
部屋のインテリアがいつの間にか黄ばんでいたり、壁紙にも家具の跡がくっきり残ってしまっていて、模様替えもままならない有様です。
そして何より、近年のたばこの度重なる値上げは、誰に文句を言われるよりも、私にたばこをやめたい、やめようと決心させるきっかけとなりました。

自分の意志が弱いのは、自分が一番よく知っています。
意志の力だけで禁煙できるなら、10年以上も吸っていないでしょう。
まずは近所の禁煙外来を探してみたのですが、あまり都会とは言えない地域だからか、近所には見つかりませんでした。
何度も通院することになるでしょうから、遠いのは絶対に面倒になるはずです。
やっぱり自分の意思でがんばるしかないのかと思っていた頃、インターネットの掲示板で、禁煙外来で出される薬と同じものを、外国から個人輸入して服用することができると知ったのです。
早速、個人輸入を調べてみました。
日本では未認可の医薬品も、個人輸入して自己責任において使用する分には、法律的に問題はないようです。
しかも、どれも思ったよりずっと安く売られています。

禁煙の薬として、今一番注目を集めているのは、ファイザー製薬のチャンピックスという薬だということも知りました。
ファイザーなら私でも知っています。
調べてみると、チャンピックスで禁煙できる仕組みはとても明快で分かりやすいものでした。
ニコチンの受容体にニコチンを吸収させるのをブロックして、その代わり、脳内でドーパミンを放出させて、たばこを吸った後のような満足感を与えてくれるというものです。
つまり、ニコチンに頼らなくても、イライラしないということだろうと解釈しました。
ニコチンガムなどのニコチン置換え法とは違い、ニコチンを一切使わずに禁断症状を少しずつ緩めてくれるそうです。
値段も、ずっと服用し続けるものでもないのですから、たばこを吸い続けるコストに比べれば、大したことはないと思えました。

あとは、どこの代行サービスを利用するかです。
個人輸入の代行サービスには、悪徳業者もたくさんいますので、偽物の薬を売られないように気をつけなければなりません。

そうなると、やはり実績のあるサイトが安心でしょう。
色々なサイトを見て行った結果、くすりエクスプレスというところが良さそうでした。
取り扱っている全ての商品が、アメリカのFDAをはじめとする、世界中の政府機関での承認を得ている物のみとしていましたし、荷物の追跡などもできるとあったので、偽物を掴まされる心配も、注文したのに届かないということもなさそうだと思ったからです。
そして、思ったよりも早く届いたチャンピックスで、私は禁煙の真っ最中です。
たばこを吸いながら、徐々に禁煙に向かえるのがいいですね。

Comments are closed.